Sports Network Service

スポーツ(運動)に参加している・したい方と、スポーツ指導スタッフ、スポーツ企業をネットワークでバックアップするのがスポーツネットワークサービスの仕事です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

melma!ニュースにて記事掲載 

melma!ニュースバッサリ解決!!お悩み+相談所

4月14日号『眠くて、眠くて仕方がありません。』への回答です。

フィジカル元気のメルマガはこちら! 『フィジカル元気!』の発行者さんのご回答
ご質問の睡眠について、お答えします。この要因には、睡眠バランスが1つ考えられます。レム睡眠およびノンレム睡眠が一つのサイクルを形成し約90分で動いています。このサイクルが約3~4回が良い睡眠と言われます。しかし一日中緊張が持続している場合は、脳は活性され続けているでしょう。通常ノンレム睡眠時に脳を冷やし、脳の疲労を取ります。レム睡眠は逆で脳は活性された状態で身体が休んでいます。従って十分なノンレム睡眠状態が保てないため、睡眠不足が生まれるでしょう。

次に考えられることは、脳へのエネルギー不足が考えられます。脳は糖質が唯一のエネルギー源であり、血液を介して脳へ運ばれます。良くある睡眠を誘発する要因として昼食後、眠くなる人がいますが食事後を消化吸収するため、胃や小腸に血液が急激に流れ、これによって必要とされる脳への血液量が不足することにより糖質不足をまねくと考えられます。この対策として、1つは『昼食後10分でも仮眠をする』2つ目は『ブドウ糖タブレットを常備し眠気が誘発される場合は速やかに摂取する』ことで改善されます。3つ目は『睡眠障害』です。この要因として、睡眠時無呼吸症候群など肥満からくる気道の閉塞が睡眠不足を招きます。次に、ナレコレプシーという病気があります、これは通常3ヶ月以上毎日、日中眠気や寝てしまうことが判断基準です。

最後に精神障害、ストレスから発生するうつ病が考えられます。この3つは医療機関に相談し適切な処置と周囲の方の理解が病気を治す方法です。

スポンサーサイト
[ 2006/04/16 15:40 ] トピックス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
SNSへようこそ

スポーツネットワークサービス

Author:スポーツネットワークサービス
お問い合わせ
info@jmc-run.com
℡;03-6661-8969 Fax;03-5211-5219 

Japanマラソンクラブ

体験入会募集中JMCin半蔵門&大手町 
資料ご希望の方はこちら 
in半蔵門

問い合わせ
各申込、登録、問い合わせ、トレーナー、コーチ、栄養士の求人はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

名前・連絡先・問い合わせ内容を明記の上 後日折り返しご連絡します。管理者
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。